教育訓練給付制度について

2017年度以前入学の方へ

前期課程は「教育訓練給付制度 一般教育訓練 指定講座」として、厚生労働大臣より指定を受けています。
支給要件等につきましては、「一般教育訓練」の規定が適用されます。
詳しくは、ハローワークのホームページをご覧ください。

2018年度以降社会人区分入試合格者・社会人区分受験ご希望の方へ

立教大学ビジネスデザイン研究科前期課程は、厚生労働省より「専門実践教育訓練給付金」の講座指定を受けました。
これにより、支給要件を満たす方が所定の申請を行えば、立教大学に支払った教育訓練経費の一部(2年間で最大112万円)を受給できます。
支給の対象となるのは、2018年度以降に前期課程に社会人区分で入学された方(雇用保険の被保険者)となります。

専門実践教育訓練給付金の手続は、受講者が訓練対応キャリア・コンサルタントによる訓練前キャリア・コンサルティングにおいて
就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けたあと、
受講開始日の1ヶ月前までに必要書類をハローワークへ提出し、受給資格確認手続きを行う必要があります。

受給資格について決定された場合、ハローワークから専門実践教育訓練受講予定者に対して、「教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格者証」が交付されます。

2018年4月に社会人区分で入学された方は「教育訓練給付金の受給資格証者証」の写しを2018年7月末日までに、独立研究科事務室に提出してください。

給付金制度に関する詳細は、厚生労働省ホームページ(専門実践教育訓練給付金)教育訓練支援給付金についてのリーフレット[PDF:3629KB]にて必ずご確認ください。

明示書はこちら

制度利用時の支給額(最大)

初年度 次年度 修了時※ 合計支給額
給付金支給額 40万円 40万円 32万円 112万円

※修了時に雇用保険の被保険者である場合、または修了した日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された場合